引越し料金の相場の確認をしてみよう

?引越し費用が高いときの対策として、もしも見積もりを取っているのが1社だけだったとしたら、複数の会社から見積もりを取ってみてください。

なぜなら業者によって引越し料金の設定が大きく異なるからです。

複数の会社から見積もりを取ることで、今回の引越し条件について引越し代の相場がわかります。

ただし、見積もり依頼を一社一社に行っているとかなりの手間がかかります。

そんな時、複数の見積もりを取るなら、インターネット上で簡単に見積もりができる一括見積もりサイトが便利です。

このサービスでは引越し元、引越し先の住所やおおよその荷物量を入力するだけで、人気引越し業者の見積もり比較が一括して行えます。

サイトによってはキャッシュバックの抽選や割引特典もあるので、比較検討してみるのも良いかもしれません。

また似たような見積もり料金であれば付帯サービス、特典、クチコミなどの評価と合わせて業者を検討してみましょう。

価格交渉をしてみよう

一括見積もりサイトで価格の相場を確認し、見合った価格・サービスを提供している業者を数社に絞った後、行いたいのが価格交渉です。

通常、ネットで引越し一括見積もりを行った場合、概算の見積もり料金を取るために、電話による詳細確認、もしくは訪問見積もりを依頼します。

基本的に引っ越しの訪問見積もりは無料で、料金がかかる場合は事前告知と依頼者の同意が必要となるため、特に何も告知がなければ料金はかかりません。

この際、各業者も契約を取るために必死ですので、見積もりを取るだけで訪問時に洗剤やお米などを無料でもらえるサービスがある場合もあります。

この際、「他社と比較して安いところと契約する」と値引き交渉を行うことで料金がもっと安くなる場合があります。?
その際、「そちらに決めたいけど、A社は○○○○円だったのでもっと安くできませんか」などと具体的に交渉すると効果的です。

また訪問見積もりの場合「今、即決して契約いただければ、料金を割引します」と営業マンが逆に交渉に出てくる場合もあります。

なので各業者に詳細見積もりを行う場合には、ある程度本命を決めておいて、見積もりの順番を後の方に設定すると、比較対象の料金が明確になるのでより良い交渉が可能です。

それでも値下げが難しい場合は、電気工事や荷物の殺虫などのオプションサービスを無料にしてもらえるかなど、料金以外のサービスの交渉をしてみるのも良いでしょう。

カード払い、分割支払いを検討する

どうしても料金が高く、支払いが難しい場合はクレジット払い、分割払いで支払うというのも考え方の一つです。

引越し業者によってはクレジットカード払いに対応している場合もありますので、その場合は分割で支払うことも可能というわけです。

ただしカード払いに対応した引越し業者しか選べないというデメリットもあります。

またカード払いが可能でも「提携カード会社が限られている」「決済方法が一括払いのみ」などの場合もありますので、クレジットカード払いを希望する場合は、見積もり時に確認しておくと良いでしょう。

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)