引っ越しのときに本を処分する方法を紹介します。


◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

どんな方法がある?

引っ越し先に持って行けない本の処分方法は大きく分けて三つになります。

  • 資源ごみとして捨てる。
  • 古本屋に売る。
  • 寄付をする。

本の内容や手間などからどの方法を取るか考えてみましょう。

資源ごみとして処分する

雑誌や傷みがひどい本などは、自治体などの資源回収に出すのが一番手っ取り早い方法です。

小学校などで資源回収を行っている場合もありますのでタイミングが合えばそちらを利用すると制限なしで引き取りしてもらえる事もあります。

雑誌や本を紐で縛る方法

雑誌や本を処分する上で一番重要なのは縛り方です。

縛り方が甘いと処分の途中でほどけて怪我をするなど、事故に原因にもなりかねません。

しっかりと縛るための手順を解説した動画を紹介します。

収納 新聞や雑誌を簡単にしっかりしばる

古本屋に売る

コンディションが良くまだ新しい本や、全巻が揃ったコミックスなどは古本屋に売ると思わぬ高い金額がつく事もあります。

期待したほど値がつかない事もありますが、捨てるよりお得な方法です。

大手の古本屋は会員登録すれば提携の宅配業者が自宅まで引き取りに来てくれるサービスがありますので、近くに古本屋がない場合はそちらを利用してみましょう。

業者によってはダンボールも手配してくれる所もあります。

ブックオフの場合、本以外の家電やおもちゃ、ブランド品など幅広い品目を同時に買取してくれます。

本・家電を売るならBOOKOFF(ブックオフ)

寄付する

本を捨てるのも忍びない、古本として売る事にも抵抗があって誰か必要な人の所に…という場合は寄付をするという方法もあります。

本の寄付というと図書館を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、収蔵スペースの関係から、希少価値の高い本や専門性の高い資料となる物でないと蔵書として受け入れできない所がほとんどですので、注意が必要です。

廃棄する本をフリーブックにする際、一緒に出してもらえるケースもありますが、全ての本を引き取ってもらえないケースがほとんどと考えた方が良いです。

まとめて処分する必要がある本を寄付したい場合は、こちらのサービスを紹介します。

チャリボン

株式会社バリューブックスが運営しているサービスで、こちらに寄付した本を査定し、買取可能だった場合はその買取金額を指定した団体に寄付する事ができます。

このサービスでは買取できなかった本はコンディションによって、そのまま使える物は古紙リサイクルではなくそのままの形でリユース=再利用し、本を必要としている様々な施設に届ける活動を行っています。

5点以上から送料無料(着払い)で引き取ってもらえます。

まとめ

  • 手っ取り早い処分方法は資源ごみとして処分する方法。
  • 縛る時は安全のためにも解けないようしっかり縛る。
  • 古本屋に売る場合は集荷付きの買取サービスを利用すると便利。
  • できれば寄付したい場合は、リユースしているサービスなどを利用する。

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)