◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

一番高いのは月末

引越し料金は月末が最も高くなる傾向にあります。

次に月初が高く、最も引越し料金が安くなるのは中旬です。

最低でも2割ほど料金の違いがあります。

ただし、引越料金は長期休暇やイベントの日程に大きく左右されます。

そのため月初と比べて必ず中旬の方が安いとは限りません。

理由は賃貸住宅の利用者

月末は月初や中旬に比べて引越し件数が増加します。

賃貸住宅を利用している方は、引越すと月の残りの日数分が損失となってしまいます。

そのため賃貸住宅の利用者は月末に引越しを行う傾向にあるからです。

そして引越し業者は需要が増える月末には料金を高く設定しています。

最も高い時期は3月末

1年で最も引越料金が高くなるのは3月末です。

多くの企業や学校では3月を年度末に設定しています。

そして4月1日を基準に、人事異動や進学で別の地域に移り住むかたが多いためです。

3月は全国的に引越し業者の繁忙期となるため、すでに希望の引越し予定日が埋まっている可能性があります。

さらに大量のアルバイトを雇っているため引越しの質もあまり良くありません。

正確な金額の違いを調べるには

一括見積もりサイトなどを利用して、引越し費用の見積もりを行いましょう。

ネット上で必要事項を入力するだけです。

引越し予定月の正確な相場の違いが確認できます。

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)