◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

複数の引越し業者から見積もりを取ろう

引越しをするのなら複数の引越し業者から見積もりを取るのが通常です。

もし見積もりを取っているのが1社だけなら、複数の会社から見積もりを取りましょう。

複数の会社から見積もりを取るメリットは2つあります。

相見積もりのメリット

1つ目は、複数の会社から見積もりを取ることで引越し代の相場がわかることです。

それによって、高い—安井の基準を知ることができます。

2つ目は、値引き交渉の材料になることです。

複数の会社から相見積もりを頼むことで、安い企業の見積もりを手に入れることができます。

それをもとに他社に交渉することで希望価格よりも安く契約をすることも可能です。

口下手でも問題ありません。

「安いところと契約する」と値引き交渉を行えば、良いだけです。

契約をとりたい会社なら、提示してきた当初の料金よりももっと安くなる可能性が十分にあります。

一社ずつ見積もりを取ろうとすると時間も労力もかかります。

複数の見積もりを取るのなら、一括見積もりサイトが便利です。

一度、現住所や引っ越し先住所、荷物量や希望日などを入力するだけで、複数の見積もりが取れます。

時間がない方にもおすすめです。

複数の会社から見積もりを取っても高いのなら

もし、複数の会社から見積もりを取っても金額が高いのなら、引越しの条件を見直すことをおすすめします。

引越しは複数の条件が組み合わさっての価格になっています。

見積もりが高い場合に活用できる手法は6つあります。

1.時期

1つ目が「時期」です。

たとえば引越し業者が繁忙期である2〜4月は通常の時期よりも高い価格になっています。

また9月ごろも比較的引越し希望者が多い時期になっています。

引越し希望者の少ない1月頃だと価格を抑えやすくなります。

2.早割

2つ目が「早割」です。

引越し業者に依頼をかけるのは、基本的に新居の契約が終わってからが一般的です。

もし早めに新住所の確定がしているのなら、早割を使いましょう。

1か月以上前の契約の場合には、契約時の料金よりも下げてもらえることが多々あります。

ただし、繁忙期に限っては1か月以上前でも厳しいことがあります。

3か月前から予約はできるので、繁忙期の早割希望の場合にはより早めに引越し日を確定すれば、早割を使えて安くできる可能性はあります。

3.平日利用

3つ目が「平日利用」です。

引越しの希望日は土日に集中しがちです。

平日にすることで安く抑えられます。

平日休みが取れる場合や有休等がとれる状況ならば、引越し日時を週末から平日にすることで値段を安くできます。

4.プラン変更

4つ目が「プラン変更」です。

引越し業者それぞれ複数のプランがあります。

基本的には引越し業者が梱包、運搬、設置、開梱などをしてくれることが多いのですが、最小限のプランに下げることで料金は安くできます。

たとえば自分でダンボールへの箱詰めをし、梱包する場合や、運んでもらうだけでダンボールへの箱詰めも開梱も自分でする場合にはミニパックで価格は抑えやすくなります。

5.フリー便

5つ目が「フリー便」です。

こちらは引越し日だけを決めて、時間は指定しないプランになっています。

基本的に引っ越しは午前中が割高になっていることが一般的です。

午後の方が割安になります。

さらにフリー便ならもっと安くなります。

フリー便が安い理由は日時指定ができないからです。

いつ来るかがわからないため、依頼主はずっと家で待機をしなくてはなりません。

繁忙期は引越し業者も1日に複数の現場に行くこともあります。

その場合には前後の予定によって大幅に時間がずれ込むこともあるため、当日になっても時間が読みにくい点も安い理由と言えるでしょう。

引越しの日は丸々1日お休みが取れ、時間にもゆとりがある場合で安く抑えたいのなら活用すると安く引っ越しができます。

場合によっては半額近くまで安くなる可能性もあります。

6.荷物を減らす

6つ目が「荷物量を減らす」です。

引越しの段階になり、懐かしの記念品が出てきたり、学生時代の後輩からのプレゼントが出てきたりなど、当初予定していたよりも荷物が増える可能性があります。

事前に「いるーいらない」の区分をしておくことで、荷物量を減らすことができます。

いらない服や靴、バックなどは専門の買取業者もあるため、モノを減らして引っ越し料金を安くするだけではなく、売買で料金を得ることも可能です。

希望した料金よりも引越し業者が提示した見積もり料金が高い場合には、この6つの方法を駆使して、安い引越しに変えていくとよいでしょう。

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)