◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

気をつけるタイミングは2つある

引越し見積もりをとる場合、特にポイントとなるのが以下のタイミングの場合です。

  • 見積り依頼の段階
  • 訪問見積もりの段階

見積り依頼で気をつけること(相場の確認)

まずは、引越しの状況確認です。

引越しは荷物量・荷物条件・運搬する距離・所用時間でおおよそ決まります。

業者によってそれぞれ料金の算出方法などが異なりますので、面倒くさがらず1社だけでなく複数の業者に見積もりを取って、相場を確認しましょう。

状況によっては2倍以上の料金に差が生まれる場合もあります。

そんな時、利用すると便利なのが一括見積もりサイトです。

これはネット上で一括して、複数の引越し業者に見積もりが出せるサービスで、引越し元、引越し先、運搬したい荷物などの条件を入力するだけで依頼が可能です。

一括見積もりサイトを利用して引っ越しをすると、サイトによっては引越し料金のキャッシュバックやプレゼント特典が受けられることもあります。

見積り依頼の段階で気をつけること(引越し時期)

また引越し時期によっても価格は大きく異なります。

ウェブサイトによって異なりますが、一括見積もりサービスで見積もりを依頼できる時期は希望日の約3ヶ月前から3、4日前前後です。

時間に余裕がないと引越し業者の予約が埋まってしまって、他社との比較が十分に吟味できません。

それどころか下手をすれば引越し業者が見つからない…ということにもなりかねません。

特に家族引越しの場合は単身に比べて荷物が多いため、荷造りに必要なダンボールの確保なども必要になってきます。

家族引越しの場合は余裕ある見積もりを行うためにも、少なくとも15日くらい前までには見積もり依頼をしておきたいものです。

また単身の引越しであっても少なくとも1週間くらい前までには見積もりを取っておくと良いでしょう。

逆に引越しが集中する3?4月の場合、あまりにも早い段階では、作業状況や人材の確保などの見通しが立たず、見積もりがとれない場合もあります。

とにかくまずは一度、引越しが決まった時点で今回の引越し条件における相場を確認してみましょう。

見積り依頼の段階で気をつけること(プランや荷物の調整)

その際、見積もりに大きく差が出るのが荷物量です。

荷物量を調整したり利用するプランを変更するだけで、大きく価格が異なる場合もあります。

今回の引越しで譲れない条件を改めて確認し、調整しながら安くなる条件を探して3社から5社くらいに絞り、訪問見積もりに来てもらうよう手配を行いましょう。

その際、単身パックなど運搬できる荷物があらかじめ決められているプランでは、訪問見積もりは不要となります。

訪問見積もりで気をつけること(引越し条件の情報整理)

ネット見積もりだけでは見えない荷物の正確な量や確認作業をし、正確な料金の確認や必要なダンボールの概算のほか、追加料金などのトラブルが起きないようにするために行うのが訪問見積もりです。

実際に引越し業者の営業マンを招き入れての立ち会い見積もりとなりますので、30分?1時間半ほど時間を確保する必要があります。

基本的に訪問見積もりへの料金が発生することはありませんが、万が一料金が発生する場合は予め告知されます。

訪問見積もりの際は、予め以下のことについて聞かれますので、情報を整理しておくと良いでしょう。

  • 引越し日、または予定日(搬出日と搬入日の日程が異なる場合も予め告知)
  • 引越し作業の開始希望時間
  • 引越し元、引越し先の住所(建物のタイプ、間取り、階数、エレベーターの有無やサイズなど)
  • 梱包作業を業者にお願いするか、否か
  • 梱包の荷解きをお願いするか、否か
  • エアコンの取付・取外しの有無
  • 不用品の有無、処分方法
  • ピアノや動植物、美術品、骨董品、危険物などの特殊な荷物の有無

ピアノや動植物、美術品、骨董品など特殊な扱いが必要な荷物について、対応していない業者もあります。

またそれらを運搬する時に専用の保険への加入が必要な場合もありますので、事前に確認をしておきましょう。

訪問見積もりで気をつけること(訪問時の注意)

基本的に訪問見積もりの場合、家具の中に収納されている服や小物などは中身を開けて確認したりせずに概算されます。

部屋が散らかっている状態では荷物量が把握しづらいので、トラックに荷物が入らなかったり、トラックが大きすぎて荷台がスカスカ…といったことになる場合もあります。

荷物が入りきらなければ追加配送が必要になりますし、トラックが大きいほど料金が高くなるため、余分に料金を支払うことになってしまいます。

どのみち引越しまでには荷造りを済ませておく必要がありますので、不要品などは処分し、事前にあらかじめ片付けておくことをオススメします。

その際、営業マンにどうしても見られたくないものなどがあれば、トイレやお風呂など、どこか一カ所にまとめて隠しておき、その分の荷物量は自己申告するようにしましょう。

複数の会社へ見積もりを取り、それらを比較することではじめて自分の要望に近い業者が見つかります。

その場で即決を迫ってくる営業マンもいるかもしれませんが、業者の決定は各社の見積もりを見てから判断するようにしましょう。

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)