◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

お盆休みの引越しを知る

引越し業界にお盆休みというものはありません。

引越しする必要があるならば、年中いつでも業者に依頼することが出来ます。

お盆休みのだいたいの引越し相場は以下の表のとおりです。

お盆だからといって高いわけではない

引越し業界は、飲食店など他のサービスとは違います。

お盆休みだからといって価格が高くなることはありません。

引越し料金が高くなるのは、時期だけを考えると引越しの需要が高まる時のみです。

そのためお盆休みの引越しでも、普通の週末と同じ程度の相場となります。

しかし業者が請け負う件数は少なくなる

業者の状況によっては、スタッフが足りずに引越しを引き受けてくれない場合があります。

お盆は引越し件数が大きく減少する時期です。

日本では古くから、お盆に引越しを行うのは縁起が悪いとされているためです。

また、帰省時に引越しで慌ただしくなるのを避けるのも理由の1つです。

そのため、引越し業者もあらかじめスタッフにお盆休みを与えている場合が多いのです。

2017年度のお盆休みを確認する

2017年度のお盆休みは以下の日程になっています。

  • 8月11日(金)山の日(祝日)
  • 8月12日(土)土曜日
  • 8月13日(日)日曜日 お盆
  • 8月14日(月)お盆
  • 8月15日(火)お盆
  • 8月16日(水)お盆

通常のお盆は8月13日から16日までの4日間です。

しかし2017年度は祝日と週末が繋がり、6日間となる予定です。

お盆休みの安い日を見つける

お盆だからといって、引越費用の安い日が無いということではありません。

2017年度のお盆休みを、アーク引越センターの料金カレンダーで確認してみましょう。

8月11日〜16日のあいだに割引日が確認できます。

お盆休みは引越し件数が減る分、現場スタッフの数も減少する時期です。

そのため引越し業者の状況によって価格が大きく変動します。

一括見積もりサイトなどを利用して、色々な業者で引越し費用の見積もりを行いましょう。

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)