◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

費用3万円の引越し相場は?

引越しのだいたいの相場は表の通りです。

引越し料金は、荷物の量と移動距離に大きく左右されます。

荷物が増えれば、業者は作業人数やトラックの台数を増やす必要があります。

また、移動距離が長ければガソリン代金と引越にかかる時間が長くなります。

通常の引越しの場合、3万円では厳しいことがわかります。

単身の場合でさえ、少しでも荷物が多くなるとすぐに予算を超えてしまいます。

よって家族連れが3万円で引っ越しすることも難しいでしょう。

単身専用のプランを利用する

表にある金額は通常の引越しプランを利用した場合です。

しかし、さらに安い単身専用のプランというものがあります。

トラックなどは利用せず、イメージは宅配便に近いです。

冷蔵庫や洗濯機などの生活必需品は運搬可能ですが、必要以上に家電製品を運ぶことはできません。

荷物が少なければ1万円台で引っ越すことも可能です。

ヤマトホームコンビニエンス

日通

業者に依頼しない

荷物の量が多くなければ、自力で引越しを行うことができます。

うまくやれば家族連れが3万円以内で引越しを行うことも可能です。

業者に依頼しない場合、主な経費は以下となります。

  • レンタカー
  • 段ボールやロープのような小物
  • 特定の荷物の輸送費

レンタカーにかかる料金

車を所有している場合、レンタカーは必要ありませんが往復に時間とガソリン代がかかるので注意が必要です。

最も安く引越しを行うことができる車両は軽トラックです。

荷台に荷物を積み、ロープなどでしっかり固定します。

軽トラックでの荷物の運搬に不安があるならば、バンを利用するのも手です。

バンも荷物の運搬に十分なスペースを持っています。

さらに車内に積み込めるため、荷物の固定にあまり気をつかわずにすみます。

引越しに対応したレンタカー業者は以下のようなものがあります。

ジャパンレンタカー

ニッポンレンタカー

重い荷物は個別に対応

冷蔵庫や洗濯機などは重すぎて運ぶことが困難です。

その場合は「単品引越しサービス」を利用しましょう。

いろいろな引越し業者がこのサービスを実施しています。

「単品引越しサービス」を賢く利用することで3万円以内での引越しが可能となります。

ただしレンタカー以上に費用がかかるので注意が必要です。

3万円以内では、利用できても2〜3つまでが限界でしょう。

下記のような業者が行っています。

エイ・ケイ・ティー

ヤマトホームコンビニエンス

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)