衣類や日用品、そして冷蔵庫や洗濯機といった大型家電を運び出す準備も整いいざ引っ越しとなったその当日に、もし雨が降ったらどうなるのでしょうか。

ここでは引っ越し当日に雨が降った場合の業者の対応、契約上や梱包時の注意点について見ていきます。


◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

雨が降ったら中止?

雨天決行

まずはいくつかの引っ越し業者の雨の日の対応を見ていきましょう。

「多少の雨であればほとんど問題なく作業できます。
大雨の場合でも、お客様の引越日程を最優先させていただきますのでご安心下さい。」

(アリさんマークの引っ越し社)
お引越し方法と手続きのノウハウ|当日雨が降ったらどうなるの?|引越しのことなら【アリさんマークの引越社】

「雨の日でもご安心下さい。
お荷物を濡らさないように丁寧な心配りと梱包でしっかりお運びします。」

(アーク引越センター)
サービスに関するご質問 | 引越しは0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

「お客様の大切な財産ですので当社にての梱包もより一層の配慮の上、引越しは決行させていただきます。」

(サカイ引越センター)
引越し作業について – よくあるご質問|引越しの見積もりは引越しの専業【サカイ引越センター】公式サイト

つまり基本的には雨天決行です。

法律上は「地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり…等の天災」が発生したときは引っ越し業者側から契約を解除できることになっていますが、向こうも引っ越し予約にあわせて手配したトラックや人員を無駄にしたくありません。

安全上よほど問題がある場合(大型台風や大寒波)をのぞき、業者側から引っ越し作業の中止を申し出てくるのはごくまれなケースです。

雨天対策はしてくれるが完璧ではない

引っ越し業者がしてくれる雨天対策とは

  • 防水素材での梱包
  • 新居の床、壁などの養生

主にこの2点です。

通常の引っ越しではタンスやテレビなどの大型家具はクッション性の高い布で梱包しますが、これはあくまで家具そのものや運び込む新居の室内に傷をつけないためのもの。

雨の日はこれをさらにブルーシートなどで梱包し、荷積み・荷卸しの際の水濡れを最小限に抑えます。

そして新居の床や壁には緩衝シート(プチプチやウレタン素材のもの)だけでなくビニール素材のものを使い、運び込んだ荷物で床や壁を濡らさないよう配慮してくれます。

とはいってもどこまで念入りにこれらの雨天対策を行うかは業者しだい、また作業員の経験や技術にも左右されますので完全にあてにできるものではありません。

もし引っ越し日に雨が降ることが予想できたら、いったん梱包した荷物(特に衣類)を取り出してビニール袋に入れ、再梱包するなど自分でできる限りの対策をとっておきましょう。

また運搬中に濡れたダンボールを放置しておくと中に入れたものが傷むのはもちろん、新居にカビやダニ、悪臭が発生する原因にもなってしまいます。

引っ越し当日は速やかに荷解きをし、壁や床などの水滴はしっかり拭きとってください。

キャンセルや延期の場合はキャンセル・延期料が発生

「大切な家財道具を濡らしたくない」「新居が汚れるのが心配」などの理由で雨の日の引っ越しをキャンセル(または延期)することは可能です。

ただしこの場合は契約者都合でのキャンセルとなるため、規定のキャンセル料金の支払いを求められることもあります。

  • 引っ越し前日…見積もり料金の10%
  • 引っ越し当日…見積もり料金の20%

ほとんどの引っ越し業者では国土交通省が定めた「標準引越運送約款」というルールを採用しているため、キャンセル時の条件もほぼ一律です。

例外としてアリさんのように「作業着手前のキャンセルは当日でも無料」といった独自ルールを設けている業者もありますので、契約時にはこの点もきちんと確認しておきましょう。

また「標準引越運送約款」内では、「2日前までに契約内容に変更の有無がないかどうかを確認する」ことを引っ越し業者に義務付けていますので、この時点までは無料でキャンセルを受け付けてくれる業者がほとんどです。

どうしても引っ越しを先延ばしにできない事情があるなら別ですが、台風や大寒波などが事前に予測されていたら早めにキャンセルしてしまう方が費用的には負担が少なくなります。
(すでに受け取ったダンボールや梱包資材は買い取りor返却になります)

まとめ

  • 引っ越しは基本的に雨天決行
  • 引っ越し業者も雨天対策はしてくれる
  • キャンセルする場合は10%~20%のキャンセル料金がかかる
  • 2日前までならキャンセル料がかからないケースが多い

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)