◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

引越し代を安くするポイントがある

引越しには数十万円単位でお金がかかるもの。

「できれば安く抑えたい」と思うのは誰しも同じでしょう。

引越し代を安くするには、

  • 週末より平日
  • できるだけ自分で準備するプラン
  • 不用品を処分して荷物を減らす
  • フリー便を利用する
  • 複数の見積もりをとって値引き交渉をする

といったポイントを抑えておく必要があります。

それでは、早速それぞれのポイントについてみていきましょう。

週末より平日

引越し料金は、週末より平日の方がお得に設定されています。

というのも、平日仕事をしている人は週末にしか引越しの時間がとれません。そのため、どうしても週末は案件が集中してしまうのです。

業者の引越し価格は基本料金はあるものの、忙しさによって変動します。一人での引越し費用を安く抑えたいのであれば、できる限り案件が混み合っていない平日に引越しをするようにしましょう。

できるだけ自分で準備するプラン

引越しにかかる準備をできるだけ自分で準備するのもひとつの手です。

部屋の小物や家具の梱包は自分でしたり、車で運べるものはできるだけ自分の車で運んだりすることによって、梱包にかかる費用や荷物の総量が減らせます。

特に一人での引越しの場合は家族での引越しに比べて荷物が少ないため、「大きな家具や電化製品だけ引越し業者に頼み、あとは自分で全部運ぶ」といった方法もおすすめです。

不用品を処分して荷物を減らす

引越しにかかる費用は、荷物の重さや体積によって大きく変動します。

そのため、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの大型家電、ベッドなどの大型家具を処分し、引越し先で買い換えるというのもひとつの手です。

また、その他にも普段来ていない服は古着屋で売ったり、ネットオークションに出したりするなど、不用品をお金に変えてみるのもよいでしょう。もちろん、先に触れた家電や家具をリサイクルショップに買い取ってもらうのもおすすめです。

ただ、大型家電や家具を処分する場合は、処分の方法や日付は自治体によって定められているため、なるべく早めに処分の計画を立てるように気をつけてください。

フリー便を利用する

引越しには、「午後◯◯時に来てください」と時間を指定する「指定便」と、時間を指定せずにその日の配送であればいつでもOKという「フリー便」2パターンがあります。

引越し業者からしても自分たちの好きなタイミングで配送できるため、料金はフリー便の方が安くなっています。

「時間をそこまで気にしない」というのであれば、フリー便を活用してみるのもよいでしょう。

複数の見積もりをとって値引き交渉をする

一人での引越し費用を抑えるためにもっとも大切と言っても過言ではないのが、「複数の業者から見積もりをとり、値引き交渉をすること」です。

一社だけしか見積もりをとらないと、そもそもその価格は適正かがわかりませんし、交渉もしにくいでしょう。

複数の業者に見積もりをとることによって、見積もりの価格が適正がどうかわかりますし、「ここの業者はこれだけ安くしているので、ここに合わせてくれませんか?」と交渉をしやすくなるのです。

まとめ

荷物の少ない一人の引越しは、こうした工夫をすることによって格段に費用を抑えることが可能です。

引越しの際は、ぜひこの記事で紹介した方法を実践してみてください。

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)