◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

複数の業者から見積もりを取ろう

引っ越しを安く上げたい場合、必ずやっておきたいのが複数の業者から見積もりを取る事です。

大体の相場の目安としては以下の表の通りになります。

長距離の引越しだと10万円程度が目安

進学で親元を離れていたのが、卒業に当たって地元に帰る場合や、逆に社会人になるのをきっかけに遠い就職先に引っ越す場合など長距離の引っ越しになる場合、気になるのが引っ越しの価格です。

上の表でわかるように、500kmを超える長距離の引っ越しは大体10万円程度が相場となります。

ただし、引っ越し時期が年度の変わり目などに当たる、荷物が一般的な一人暮らしの量よりかなり多い場合などは2〜3万円程度高額になってくる事があります。

また、輸送に注意が必要な精密機器(パソコンなど)を別便で送ったりすると別料金が必要になります。

格安にするポイントは安い引越し業者を見つけること

格安にする一番のポイントは安い業者を見つける事です。

「交渉で安くしてもらう」と言っても、各社毎に値引き出来る限度額が決まっていますので元々が高額な設定の会社では値引きしてもらっても格安の会社より高額という事も十分あります。

また、「格安」という広告を見て実際に安いと思って契約しても、実際には広告を出していない分別の業者が安かった、という事もあります。

格安の業者をみつけるためには引っ越し料金の比較が不可欠になります。

一括見積もりサイトを利用して比較するのが便利

特に大手の引っ越し業者と中小の業者では得意とする引っ越しの内容が異なってきますので同じ距離でも他の人にとっての最安値となる業者とあなたにとっての最安値となる業者が変わって来るかもしれません。

近場であれば最安値のローカル業者も、遠距離となると拘束時間が長くなるため割り増し料金がついてかえって高くなるケースも考えられます。

「なんとなくこっちの方が安そう」という先入観だけでなく、色んな業者を比較してみましょう。

タイミングによっては意外な所が最安値になった、という事も有り得ます。

単身パックを検討してみるのも良い

特にこれから新生活で、運ぶ荷物が確実に少ない、という場合単身パックが適用できるかどうかチェックしてみましょう。

引越し単身パックS・L(WEB割引き実施中)|単身引越し【引越しは日通】料金・費用の見積も

こちらは日本通運のプランですが、webから申し込む事でさらにお得に引っ越しできます。

料金例では東京→大阪間が5万円以内となっており、大型家具が殆どない場合かなりお得な金額で引っ越しするとこができます。

また、格安ですが200万円の運送保険がついているのも見逃せないポイントです。

荷物のおおまかな量が写真付で説明されていますので「少し持ち物を処分すればいける」という場合は選択肢に入れる事をおすすめします。

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)