引越しのときにどうすればいいのか迷うものの一つに、冷蔵庫の中の使いかけの調味料があります。

調味料は少しずつ使うものなので、食材と違って引越しのタイミングでちょうどよく使い切ることはできません。

このページでは、使いかけの調味料を持っていくか捨てるのかの判断基準や中身がこぼれない梱包方法を説明します。


◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

持っていけるかどうかの判断基準は?

開封済みの物はなるべくなら引っ越し当日までに使い切れるよう計算しておくのがベストですが使い切れそうにない場合、引っ越しの時期と距離とで持って行くかどうかの判断をします。

同一市内などの近距離であれば移動時間が短くて済みますので、移動中の劣化を気にせず運ぶ事ができますが、夏場などに長時間移動する場合、輸送にかかる手間やコストを考えると開封済みの物はあきらめた方が安全です。

開封済みの液体調味料の輸送はなるべく避けた方がいいのですが、液体でも常温保存可能な物で未開封であれば梱包をきちんとしておけば問題無く運べます。

砂糖、塩、小麦粉などの乾物は開封済みでも持ち運び管理に手間がかかりませんのでビニール袋に密封してから梱包しておけばこれも未開封の物同様に運ぶ事ができます。

パッケージに”要冷蔵”や”開封後要冷蔵”と書いてある調味料は捨てよう

未開封でも保管の際に冷蔵が必要な場合はよほどの近距離で残量が多いなどの場合を除いては捨てた方が安全です。

捨てるのがもったいない調味料はクーラーボックスやクール宅急便で運ぶ

手間やお金がかかってもいいから持って行きたい、という場合はクーラーボックスやクール宅急便を利用しましょう。※ただし開封済みの液体調味料は宅急便は使わない方が安全です。

冷蔵庫は前日には電源を切る事になったりしますのでその時点であらかじめ保冷剤を入れたクーラーボックスに入れておきます。

特に夏場など、当日になって保冷剤が溶けているようなコンビニからロックアイスを買って代用するなどの対処が必要になります。

調味料の梱包方法は?

開封済みの乾物(砂糖など)は一つずつビニール袋に密封しておき、輸送途中で箱の中から散らばってしまう事故への対策をしておきます。

常温で運べる開封済みの液体は口をしっかり留めて封をします。

  • 口の周り~瓶の上部全体に新聞紙を巻き付けておく
  • 口をラップで包んだ後、キッチンペーパーを口の周りに巻き付けて輪ゴムでとめておく。
  • 養生テープのような弱粘着性のテープで口の周囲をグルグル巻きにして留めておく。

しっかり留めるという意味では養生テープで口を巻いておくのが一番安全だと思いますが、やりやすい方法で梱包して下さい。

箱に詰める時にはゴミ箱にセットする要領で袋を敷いた中に入れましょう。絶対に倒れないよう、すき間に新聞紙をしっかり詰めておきます。

箱の外には「天地無用」「調味料」と中身が液体である事がわかるように印を付けておきます。

持っていかない調味料の処分方法は?

ごく小量であればしょうゆや酒などは流しから捨ててしまえますが、多量に残っている場合は油の処分と同様に牛乳パックに新聞紙やボロ布などを詰めた物に吸わせるか油を吸わせる処理パックなどに吸い込ませてビニール袋に入れて捨てる様にします。

マヨネーズやケチャップなど粘り気のある物は新聞紙の上に出して包み、ビニール袋に入れて捨てます。

分別して捨てる

中身は基本的に生ゴミの扱いになりますが、パッケージは自治体の分別ルールに合わせて処分しましょう。くれぐれも中身が入ったまま捨てないよう注意して下さい。

まとめ

  • 開封済みの調味料をどうするかは移動距離や引っ越しの季節を考慮して決める。
  • 要冷蔵の物は移動中の温度管理が難しいので捨てた方が安全。
  • 要冷蔵の物を持って行く場合はクーラーボックスやクール宅急便を利用する。
  • 乾物はそれほど神経質になる必要はないが開封済みの液体調味料は口の封をしっかりしておく事と、輸送中倒れたり逆さになったりしないようきちんと対処しておく。
  • 持って行かずに処分する場合は中身は生ゴミとして捨て、パッケージは自治体のルールに合わせて処分する。

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)