車の必要のないところに引っ越す、この機会に買い換えたいなど、引っ越しは車を見直す良い機会です。

車を手放すなら買い取りも選択肢に入れましょう。

このページではオトクに買い取ってもらう方法を説明します。


◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

引っ越しのどのタイミングで車を売る?

引っ越しを機に自家用車を売却するという人は少なくありません。

自家用車は生活に中において「移動手段」であると同時に、何かとコストのかかる存在でもあります。

そのコスト以上の利便性を、移動手段としての自動車の役割が担っている限り、人は自家用車を保有するものです。

ですが引っ越すにあたって、自家用車を売るということは決して珍しくないのです。

例えば「転居先では電車やバスが利用しやすい」「転居先では駐車場の確保が難しい」など、引っ越しによって車を取り巻く環境が大きく変化するからです。

自家用車の保有によって得られるメリットとデメリットのバランスが大きく変化することによって、自家用車を保有しなくても良いのではないかという結論に達するのです。

引っ越しのときに車を売る主な理由

  • 転居先では公共交通機関が発達している
  • 転居先では駐車場が確保できない/駐車場の料金が高い
  • 引っ越しを機に車を買い換える(結婚なども関わってくる事が多い)
  • 引っ越しの原因となっている事柄が関係して、自家用車が不要になった
  • 転居先が「豪雪地帯」で、従来の自家用車では対応できない
  • 転居先が「海外」である
  • 複数の車を保有していたが、この機に「あまり使わない車」だけ売却したい
  • 引っ越しにかかるコストに充てたい

引っ越し前後の状況を考えて上で売るタイミングを決める必要があります。

⇒ 中古車の一括査定ができるサイトを見る

引越し前に売る場合に考えておく点

まずは、「引越し前に車を売る」ケースです。

新しい家に移る前に、自家用車を売却してしまっておくパターンです。

ネット上では「引越し前の売却なら気にする必要はない」という情報を掲載していることもありますが、意外と「引越し前の状態」というシチュエーションとの兼ね合いを考えておく必要があるのです。

・車が使えなくなっても良い状態になってから売却する

まず、引越し前に車を売る際には「自家用車が不要になったタイミング」を見計らって車を売却することをオススメします。

引越し前に自家用車の売却を完了させるということは、必然的に引越し当日までには車の売却を済ませているということになります。

こういったことは速いほうが良いでしょうし、引っ越しで慌ただしくなることを考慮すると、できることは先にやってしまうというのが自然な考え方ではないかと思います。

ですが、自家用車の売却にあたってはそうとも言い切れません。

自家用車を売却するということは「売却後はその車を使えなくなる」ということです。

今まで、自家用車を保有していたことで「自家用車を運用しての行動が当たり前」となっている可能性があります。

例えば単純な移動手段だけではなく、「送迎」「物品の運搬」など、車を使ってさまざまなことができます。

引っ越しということになると、「物品の移動」も発生することになります。

処分するもの、新居まで持っていくものに分けるだけでもそれなりの苦労になるかと思いますが、どちらの場合でも車を使えなくなるとそれなりに不便になってしまいます。

不要なものを処分する場合でも、物品の種類によってはどこかに持ち運ばなければ処分できないものや、家財道具などについては「売却」をすることも考えられます。

最近では「出張買取」に応じている業者も多いですが、自分で車を用意しなければならない場合だと、既に車を売却してしまっているとレンタルを手配しなければならず、余計なコストがかかってしまいます。

引っ越しは何かと慌ただしくなるものですが、引っ越しまでに車を売却してしまいたい場合は「車を使わないと解決することが難しいこと」から先に済ませてしまうように引っ越しスケジュールを考える必要があります。

自家用車を売却するのは、引越し当日までに自家用車を必要とするシーンが無くなってからにすることをオススメします。

・「車検証」と「印鑑証明」の住所が異なる場合は注意が必要

次に、お持ちの自家用車の「車検証」と「印鑑証明」において、両者の登録住所が異なる場合には注意が必要です。

印鑑証明は他の場面でも利用するケースが多いので既に住所変更していることが多いのですが、車検証の住所登録変更を行っていないことは意外と多いです(これは法律で決まりがあり、罰則がありますので注意が必要です)。

車を売却する際には「車検証」と「印鑑証明」などを必要としますが、車の住所変更登録を行っていない場合だと車検証と印鑑登録の記載住所が違いますので、このままでは車を売却することができません。

その場合、「住民票」を用意することで車検証の住所が違うことに対処することができます。

住民票には「引越し前の住所」が記載されていますので、これで引越し前の住所が記載されている車検証が売却において有効な書類として扱うことができます。

ただし、車検証の住所が「2回以上前の住所」である場合、つまり自家用車を購入してから2回以上の引っ越しを経験している場合だと事情が異なります。

住民票には「転居前の住所」が一箇所だけ、つまり「一つ前に住んでいた住所」が記載されています。

車検証の住所が引越し前の住所よりも前の住所である場合、住民票だけでは車検証の住所確認ができないので自家用車の売却ができません。

その場合は「住民票の『附票』」を用意する必要があります。

附票には今までの全ての住所が記載されているので、車検証に記載されている住所もそこに記載されているはずです。

・邪魔になる場合は親戚や知人の家に預かってもらうという方法もある

もし、引越し前に車を売却しておきたいというう理由が「邪魔になるから」という場合であれば、これは売却しなくても済む可能性があります。

空間的に車が邪魔である場合は、車を親戚や知人の家に一旦預かってもらうという方法も利用できます。

引っ越しにあたって「できるだけ身辺を身軽に」と考えて、車を売却する方もいらっしゃいます。

少なからず自家用車の優先度が低かったのでしょうが、もし「売らなくても良いのだけれど」という程度の方で、一時的に車をどこかに移動させておきたいという場合には、別のところで保管して、転居後に落ち着いてから車を取りに行くという方法もあります。

・「急いで売却したい!」ということを悟らせない

また、引越し前に売却を済ませたいという場合、多くの人は「早く売却手続きを済ませてしまいたい」と思われることでしょう。

ただでさえ忙しい引っ越しの作業がありますから、出来る限り時間を使わずに車を売ってしまいたいと思うことは仕方のないことです。

ですが、それを売却相手に悟らせてしまってはいけません。

売却相手が誰なのかにもよりますが、基本的に商売というものは「安く買って、高く売る」ことが重要で、これによって利益の幅も変化します。

「薄利多売」という商売のスタンスもありはしますが、自動車の場合だとこれは当てはまりません。

業者に買い取って貰う場合は、相手業者は「できるだけ安く買いたい」と思っているでしょう。

ですがそれは売却する側も同じで「できるだけ高く売りたい」と思うわけで、通常はその折衝と市場価格とのバランスで価格が決定されます。

ところが、引越し前の忙しい時期で、売り手が「できるだけ早く売却を済ませたい」と思っている場合だと、これが上手く機能しなくなる可能性があります。

それは、買い取る側の業者が「このお客さんは早く売却を済ませたいのだな」ということを察知した場合です。

売り手が実際に「高く売る」ことよりも「早く売る」ことを優先している場合だと、買い取り側が安い金額を提示してもそれで売ってしまうことがあります。

特に、スケジュールがガチガチの状況だとその傾向にあります。

引越し前に車を売る場合には、相手に「忙しいから早く売りたいのだろう」と察知されないことです。

引っ越しの話や「急いでいる」といったことを口にしてしまうと、相手に足元を見られてしまう可能性があります。

あくまでも通常の売り手であることを前提に価格交渉ができれば、安い金額で車を買い叩かれてしまうケースを避ける事ができるはずです。

引越し後に売る場合に考えておく点

次に、「引越し後に車を売る場合」における注意点について解説します。

上記の中にも引越し後の車の売却において注意すべきポイントが数多くあります。

ですが、「引っ越した後だからこそ」注意しなければならないポイントが有るのです。

・住所の問題が確実にのしかかる

まず、先程も説明した「車検証と印鑑証明の登録住所の違い」の問題が確実にのしかかってくることになります。

引越し前の場合、きちんと住所変更ができていれば住民票を必要とせずに車を売却することができます。

しかし、引越し後の場合はほぼ確実に住所の違いが発生するので、必要書類全ての住所変更手続きを済ませるか、住民票を用意する必要があります。

・車の売却価格は「地域性」もある

次に、車を売却する際の「地域性」についてです。

実は、車を売却する際の価格にはある程度の地域性があり、同じタイミングで同じ状態の同じ車を複数のエリアで査定してもらうと、場合によってはそれなりの価格差が生じることがあります。

なぜ同じ日本国内でも地域によって売却価格に差が生じるのかと言えば、第一に「エリアごとの在庫状況」が挙げられます。

転居先のエリアで品薄の車種であれば、売却価格も高くなりやすくなります。

逆に、在庫がそれなりにある車種の場合だと、相場よりも安くなる可能性があります。

品薄の車種であれば、相場よりも高い値段を付けても買いたいという業者も多いでしょう。

次に「地域ごとの基本的な需要」です。

例えば、雪が多く降る北海道や北陸地方では「4WD」が人気ですが、これは暖かい地域ではあまり需要がありません。

逆に、都会では「燃費の良い車」が人気ですが、性能が良くても豪雪地帯では役に立たないこともあります。

このように、その地域ごとに求められるステータスを持った車というものがあり、その向き不向きによっても車の買取価格は変動するものです。

このように、車の売却においては「その地域で求められている車」というものが少なからず存在することになります。

そのため、今までその車を乗り回していた地域では必要になるステータスも、転居先では役に立たない可能性もあります。

例えば今まで住んでいた豪雪地帯で高い利便性を持つ4WDでも、雪の降らない地域に引っ越して売却する場合ではあまり高い金額で買い取ってもらえないこともあります。

お持ちの車に、地域性に関わるステー龍が存在する場合は、転居前に売却してしまう方が高い金額で買い取ってもらえる可能性が高いです。

・売却するまでの車の保管について検討しておく

次に、車を売るまでの間、その車をどのように保管するかを前もってきちんと検討しておくことです。

車も保管にはそれなりのコストと条件が必要になりますが、転居先でそれを達成できるかどうかをきちんと考えておく必要があります。

「どうせ、すぐに売ってしまうから」とたかをくくってしまうと、余計な手間とコストを掛けることになりかねません。

例えば「駐車スペース」です。

転居先の住まいが例えば「マンション」の場合だと、駐車場の契約が必要になります。

ですが「すぐに売ってしまうから」と駐車場の契約をしなかった場合、車を停めておく場所を確保しなければならなくなります。

ここで問題になるのが「転居先に手頃な駐車場があるのか?」ということです。

マンションで駐車場契約をしなかった場合、第一に考えられる手段が「駐車場の利用」です。

しかし、手頃な場所に、手頃な料金で利用できる駐車場が常に近場にあるとは限りません。

前もって調べておく必要がありますし、場合によっては転居先で駐車スペースを確保できない場合もあります。

その場合、転居先とは異なる場所でも良いので、車を一時的に保管できる場所を探す必要があります。

例えば前述の「親戚・知人の家」がそうです。

車を預かるというのはそれほど手軽なことではありませんので、早めに検討しておく必要があります。

・車の売却に必要な書類の所在を明確にしておく

また、引っ越しで慌ただしくなっている最中なので、「車の売却に必要な書類」の所在が不明になってしまわないように注意しましょう。

書類の内容については詳しくは後述しますが、「引越し後」となるとさまざまなものがどこにいってしまったかわからなくなる事があります。

最悪の場合、家中の段ボール箱を開けて回らなければならなくなりますので、引越し後に車を売る場合はあらかじめ必要書類をまとめて、車のダッシュボードの中にでも入れておきましょう。

ダッシュボードの中であれば、引っ越しのドタバタに巻き込まれる心配がありません。

一括見積もり査定が楽でオトク

さて、引っ越しにあたって自家用車を売却する際に、「どこに売ろうか?」と悩んだ経験はありませんか?

親戚や知人に売却することが決まっているのであればそれで構わないのですが、個人間での取引を考えないのであれば業者への売却が必要になります。

そうなると、どの業者にしようかと悩むことになります。

オススメの方法は「一括見積もり」

ここでオススメしたい方法は「一括見積もり」を利用することです。

これはインターネット上で利用できるサイトで、必要な情報を入力することによって複数の買取業者が一気に見積もりを提示してくれます。

あとは、一番高い値段を付けてくれた業者に買取を依頼するだけで、より高い金額で自家用車を売却することができます。

ディーラー下取りとどっちが良いか

ここで気になるのは「ディーラーに下取りしてもらうのでも良いのではないか?」ということです。

確かに、ディーラーも車の専門家ですから、適正な価格で買い取ってもらえそうなイメージがあります。

しかし、やはり少しでもお得に自家用車を売却したいと考えているのであれば、一括見積もりサイトを利用することをオススメします。

理由としては、一括見積もりの方だと「競争原理」が働くからです。

一括見積もりは、入力した条件に適合した業者の見積もりを一挙に取り扱うことができます。

もし、売却を希望する車を必要としている業者であれば、何としてもその車を買い取りたいと思うはずです。

業者ごとに在庫状況は異なりますので、同じ地域でも業者によって金額は異なります。

売り手としては、同じ条件であれば「できるだけ高い値段で売りたい」と思うわけですから、買取業者としては「高値を付ける」ことで売り手に選んでもらおうとするわけです。

ディーラーでの下取りの場合は、相場と車の状態を加味して値段を付けますが、ここには競争原理は働きません。

そのため、多くの場合で一括見積もりで算出した買取価格のほうが高値になりやすいのです。

引っ越しを機に車を売る際に、その「引っ越しの費用」を車の売却代金で賄おうとしたい人もいます。

その場合、少しでも高い金額で売れれば、引っ越しにかかるコストの埋め合わせもそれなりにできるということになります。

また、「業者を探す手間」も省くことができます。

一括見積もりサイトにアクセスし、必要な情報を入力すればあとは業者の見積もりを待つだけです。

自分で業者を探す場合だと、どこにどのような買い取り業者がいるのかを自分で探さなければならなくなります。

また、自分で探す場合だと、転居先で利用できる買取業者を全て網羅できない可能性もあり、より高く買い取ってもらえる可能性がある業者を見つけられなくなってしまうことも考えられます。

このように、「引っ越しに際して車を売る」という場合、一括見積もりサイトを利用することが理にかなっているのです。

少しでも高く、少しでも手間をかけずに自家用車を売却したい場合、一括見積もりサイトを利用することをオススメします。

車を売るまでに時間がある場合でも、一括見積もりサイトを探し出していつでもアクセスできるようにしておけば、忙しい時期になっても簡単に見積を依頼することができます。

・個人間での取引は危険が伴う

車を売る対象が業者ではなく「個人」のケースも少なくありません。

ネット上で買い手を募り、良い条件を出した人に売ることで手軽に済ませようというものです。

しかし、個人間での車の売買は何かとトラブルがつきまとうものです。

例えば「車の売却代金が振り込まれない」「車の名義が変更されない」など、特に赤の他人と取引する場合はこうしたトラブルがほぼ確実に起こるものと考えたほうが良いです。

ただでさえ、引っ越しの前後で忙しいのですから、こうしたトラブルを避けるためにも個人間ではなく、業者に買い取ってもらうようにしましょう。

手続きに必要な書類

車を売るというのは、衣服やゲームソフトを売る時と同じようなお手軽感覚では売却することはできません。

きちんとした手続きが必要ですし、何よりも「必要な書類」も厳正なものです。

引っ越しを機に車を売るのであれば、それなりに忙しい時期に車を売ることになるので、書類の不備で手間をかけてしまうと他のスケジュールにも差し支える可能性があります。

・車を売る時に必要になる書類

車を買い取ってもらう業者によって細かい部分は異なりますが、どのような業者であっても必ず必要になる書類について解説していきます。

まずは「車検証」です。

これは先程も説明しましたが、基本的に後述の「印鑑登録証明書」と同じ住所・氏名が記載されていることが条件となります。

もし、住所が違う場合には「住民票」もしくは「住民票の附票」を持参する必要があります。

なお、結婚等で苗字が変わっている場合には「戸籍謄本」が必要になります。

次に「印鑑登録証明書」です。

これと車検証の住所と氏名が一致していることが条件です。

なお、発行からの期間が設定されている事がありますので、買取業者のホームページ等で情報を得ておく必要があります。

発行から1ヶ月以内のものであればほとんどのケースで利用することができます。

また、複数枚用意しなければならないこともあります。

次に「実印」です。

普通自動車および小型自動車の売却にあたっては「認印」では手続きができません。

なお、売却する自動車が「軽自動車」の場合に限り、認印でも手続きができます。

他にも「自賠責保険証明書」と「自動車納税証明書」および「リサイクル券」が必要になります。

普段から使うようなものではないので、多くの人は車検証などと一緒に車のダッシュボードの中に入れているか、自宅で保管していることが多いかと思います。

もし、紛失してしまった場合は保険会社や運輸局で再発行してもらう必要があります。

なお、印鑑証明に関しては、軽自動車の売却は認印で手続きができるので必要ありません。

・他にも持参しておきたいもの

書類とは少し違いますが、車を売る時に一緒に持って行くとプラス査定になる可能性が高い物としては、以下の物品が挙げられます。

  • 車のスペアキー
  • 取り外した車の純正品
  • 車の取扱説明書
  • 車の整備手帳
  • 車の保証書
  • 車の分解整備記録簿

車を売る手続きの流れ

これも業者ごとに細かい部分は変動しますが、大まかには以下の流れで車の売却手続きが進行します。

①買取業者を決定する

②査定を行う

③査定結果に基づく交渉と売却の決定

④売り手指定の銀行口座に入金

車の売却は他にも細かい手続きを必要とするものですが、細かい部分はほとんど買取業者が代行してくれるようになっています。

そのため、売り手が手間をかけるのは査定の前後の手続きに限定されます。

まとめ

  • 車検証の住所が現住所ではない場合、前回の住所であれば「住民票」を、2回以上前の住所であれば「住民票の附票」が必要になる
  • 車の買い取りには「地域性」があり、転居の前後で車の買取価格の相場が変動する可能性がある
  • 「一括見積もり」を利用することで、手間をかけずに高い金額で車を買い取ってもらえる可能性が高くなる
  • 引っ越しの準備に巻き込まれて、車を売るために必要な書類の行方がわからなくならないように注意しなければならない

⇒ 中古車の一括査定ができるサイトを見る


【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)