引越し後にも必要な手続きはまだまだあります。

とくに役所の手続きには期限があるので放っておかずに早めに済ませましょう。

転入届の提出⇒ 必要書類と手続きの流れ

国民健康保険の申請⇒ 手順と必要書類

国民年金の住所変更⇒ 手順と必要書類

印鑑登録⇒ 手順と必要書類

マイナンバーの住所変更⇒ 変更手順と必要書類

小中学校の転校届の提出⇒ 手順と必要書類

飼い犬の登録変更⇒ 手順と必要書類

パスポートの住所変更⇒ 住所変更のやり方

運転免許証の住所変更⇒ 変更手順と必要書類

車庫証明の住所変更⇒ 変更手順と必要書類

車検証とナンバープレートの変更⇒ 変更手順と必要書類

原付きバイクの登録変更⇒ 変更手順と必要書類

ネットサービスの住所変更⇒ 変更手続き

転居報告のハガキ⇒ ハガキの書き方

近隣への挨拶⇒ 挨拶のノウハウ


◯引越しの予約は早めに!
最近は人手不足なので引越しの予約が取りにくいです。
新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。
下の引越し比較サイトが使いやすいと評判です。
⇒【おすすめ】 引越し一括見積もりサイトを見る

引越し先の役所でやること

役所で必要な手続きがいくつかありますが、それぞれの手続きはそれほど時間がかかりません。必要な書類が揃っていれば必要な時間は半日くらいなので一気に済ませてしまいましょう。

転入届の提出

転入した日から14日以内に手続きを行います。

【こちらで用意する書類】

  • 転出証明書(引越し前の地域の役所でもらう)
  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証など)

【手続きに必要な書類】

  • 転入届(役所で記入)

ただし、マイナンバーカードや住民基本台帳カードを使って転出手続きを行っているなら転出証明書の提出は不要です。

市内など管轄の役所が同じなら転入届ではなく転居届を提出します。

■参考ページ

転入届 – 必要な書類・いつ出せばよいのか

転居届 – 必要書類や提出するタイミング

国民健康保険の申請

転入した日から14日以内に国民健康保険の加入手続きが必要です。

【こちらで用意する書類】

  • 転出証明書
  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証など)

■参考ページ

国民健康保険 – 引っ越し時に必要な手続きと流れ

国民年金の住所変更

転入した日から14日以内に国民年金の住所変更手続きが必要です。

【こちらで用意する書類】

  • 国民年金手帳
  • 印鑑

■参考ページ

国民年金 – 引っ越し時に必要な手続きと流れ

印鑑登録

印鑑登録には特に期限はありません。必要になったら改めて行ってもよいです。

【こちらで用意する書類】

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 印鑑

■参考ページ

印鑑証明 – 引越しで廃止・再登録する手順

住民基本台帳カードとマイナンバーカードの住所変更

転入した日から14日以内に住所変更手続きが必要です。

【手続きに必要な書類】

  • 住民基本台帳カード、マイナンバーカード(通知カード)
  • 本人確認書類(運転免許証など)

■参考ページ

マイナンバー – 引っ越し時に必要な手続きと流れ

転校届の提出

小学校、中学校の転校手続きには他の市区町村から転校するケースと、同じ市区町内で転校するケースの2つがあります。

他の市区町村から転校する

  1. 現在通学中の小・中学校で必要な書類(在学証明書など)を受け取る
  2. 引っ越し先の役所に「転入届」を提出する
  3. 転入届受理後、窓口で「転入学通知書」が交付される
  4. 通知書に指定された小・中学校に「在学証明書」と「転入学通知書」を提出する

【こちらで用意する書類】

  • 在学証明書
  • 教科書給与証明書
  • 転入学通知書

同じ市区町内で転校する

  1. 役所に「転居届」を提出する
  2. 転居届受理後、窓口で「転学通知書、転入学通知書」の2枚が交付される
  3. 現在通学中の学校に転学通知書を提出し、「在学証明書」を受け取る
  4. 在学証明書などと転入学通知書を、転入学通知書に指定された学校へ提出する

【こちらで用意する書類】

  • 転学通知書
  • 転入学通知書

■参考ページ

小学校の転校 – 引っ越し時に必要な手続きと流れ

中学校の転校 – 引っ越し時に必要な手続きと流れ

飼い犬の登録変更

引越し前はとくに手続きは必要ありませんが、引越し後は住所変更の手続きが必要です。手続きは役所や保健所で行えます。

【こちらで用意する書類】

  • 引越し前に交付された鑑札
  • 狂犬病予防注射済票

■参考ページ

飼い犬の引っ越し時に必要な手続きと流れ

パスポートの住所変更

パスポートの住所変更はどこかに行く必要はありません。自分で裏表紙中面に書いてある旧住所を二重線で消して新住所を書けば完了です。

車・バイク関係の手続き

車関係の手続きの中で特に重要なのが運転免許証の住所変更です。運転免許証は身分証明書としても使うので早めに手続きを済ませましょう。

車関係の手続きは、次の順番で行います。

  1. 運転免許センターの住所変更
  2. 車庫証明の住所変更
  3. 自動車の住所変更

■参考ページ

車の住所変更の全体的な手順

運転免許証の住所変更

手続きは引っ越し先の運転免許センターか警察署で行います。

【こちらで用意する書類】

  • 運転免許証
  • 新住所を証明できる書類(住民票、保険証、マイナンバーカードなど)

■参考ページ

運転免許証の住所変更 – 引っ越し時に必要な手続きと流れ

車庫証明(自動車保管場所証明書)の住所変更

車庫証明の住所変更は15日以内に行います。手続きは管轄の警察署で行います。

【こちらで用意する書類】

  • 車検証
  • 印鑑

【手続きに必要な書類】

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 自動車保管場所使用承諾証明書(駐車場を借りている場合)

■参考ページ

車庫証明の住所変更- 引っ越し時に必要な手続きと流れ

自動車・バイクの登録変更(車検証とナンバープレート)

登録変更は仏者が管轄の運輸局で行い、軽自動車は軽自動車検査協会で行います。具体的には車検証とナンバープレートの変更を行います。手続きは15日以内に行ってください。

【こちらで用意する書類】

  • 自動車検査証
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明書)
  • 自動車税申告書
  • 住民票
  • 印鑑

■参考ページ

車検証の住所変更 – 引っ越し時に必要な手続きと流れ

原付きバイクの登録変更

原付バイクの住所変更手続きは役所で行います。こちらも手続きは15日以内に行ってください。

【手続きに必要な書類】

  • 廃車申告受付書
  • 新住所を証明できる書類(運転免許証など)
  • 印鑑

その他にやること

引っ越しではこれ以外にもやることがあります。下のページを参考にしてください。

1. 引越し1ヶ月前にやること(引越し業者の予約や新居決め)

2. 引越しの1~2週間前までにやること(荷造りや役所の手続きなど)

3. 引越しの前日までにやること(掃除や冷蔵庫など)

4. 引越しの当日にやること(荷物の搬出、家の引き渡しなど)

5. 引越し後2週間以内にやること(転入手続きなど)

【参考】

引越しでやるべきことを全部わかっていますか?やり残しがあると大変です。

こちら↓の「引越しやることリスト」が引越し準備に役立ちます。

【一覧】引越しやることリスト

※引越し1ヶ月前~引越し後2週間以内にやるべきことを一覧で説明しています。

引越し代を1番安くする方法

引越し会社を探すなら絶対に5社以上から見積もりをとりましょう。

引越し料金は、会社によって大きく違います。5~10万円くらい違うことも珍しくありません。

見積もりを取るときに便利なのが引越し一括見積もりです。

引越し一括見積もりを使うと、下のメリットがあります。

  • 一番安い会社が選べる
  • サカイやアート、日通など大手が見積もってくれる
  • 数分で申し込み完了
  • 各社に連絡する手間がなくなる

ぜひ引越し一括見積もり↓を使ってみてください。かなり安くなるし楽です。

⇒ 引越し見積もりサイトを見る(引越し侍)